2017年03月24日

円筒座標設定は、当てずっぽうで、やってます

90度で曲がり 180度でヘアピン 360度で円が形成
円筒中心座標(X1,Y1,Z1)は、形状寸法から設定可能。問題は、
円筒の回転(Rotx,Roty,Rotz)設定は難しい形状作成上、
判ってる部分のスクリプトは完成させる。判ってない所は
±90 ±180 あたり適当に設定し、いくつか試す。

試してるうちに、欲しい形が出てきます。例えばですが
J1〜J2で(線の)輪を作りまして
@ 円筒系,X1,Y1,Z1,0,90
A 円筒系,X1,Y1,Z1,90,0
B 円筒系,X1,Y1,Z1,
90,90
節点コピー,NP1+1,ADD,J1,J2,1,k,90,k,,j3,j4,1
iABを試して、思う形状ができた設定が○いう事で
大体行けるのではないかと思います。
別に、あてずっぽうでなくても、出来るのですが…
atezuppou_1.jpg
ソリッドモデルで作る場合、最初に線の輪を、R方向にコピ−
シェルの輪を作成。シェルの輪を長手方向コピ-で、ソリッドの管になります。
atezuppou_2.jpg
HELP/簡単な例題→簡単な例題→ソリッドヘアピン クリック
にて、上例が出てきます。
posted by CAEを簡単に! at 19:24| Comment(0) | 節点・要素の選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

抽出描画機能の紹介

節点・要素選択抽出機能=MaProMesh特徴でもありますが、
「全然判りません!」言われまして衝撃!  少し補足説明
座標 材料値 属性値 要素タイプ(値) シェルソリッドの要素特性
節点・要素番号
 等で抽出を実施。下記はその使用イメ-ジ図。
dame9A_cae_30.gif
節点・要素 選択抽出は、GUI操作・スクリプト 双方で可能。
スクリプトの場合、コマンドは、節点選択 要素選択
抽出処理のみ実行して、描画はしません。
cyuusyutu_1.gif
上図がGUIの操作HELPです。GUIの場合、単に抽出描画です。
スクリプトの場合、選択要素や節点をコピーし、モデル構築可。
一連の抽出操作をスクリプトで実行。そのボタン化も可能です。
posted by CAEを簡単に! at 04:02| Comment(0) | 節点・要素の選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

簡単OpenFoam体験方法

まだまだ目指す先に遠く不完全ですが、BlueCFD設定済の
WinPCにて、諸設定不要でOpenFoam体験可能になりました。
BlueCFD推奨インスト先は、Program Filesでなく C:\BlueCFD
blue_2_650.png
パネル(赤線部)クリック。Polymesh内のファイルを読む。
System内ControldDictでも○。BlueCFDを、Program Files
に設定した場合、別の所にチュ-トリアルコピ-を推奨します。
Program Files内の操作禁止いうWindowsの仕様のため。
blue_3_650.png
パネルのボタン操作で、メッシュ作成や計算を実施します。
blue_4_650.png
計算後→VTKファイル作成ボタン押す→VTK読込ボタン押す。
計算後の結果処理は、VTKファイルを読み、可視化します。
blue_5_650.png
MaProMeshの対応は、まだまだ駄目ですが
フォルダとファイルだらけで、概要理解前に挫折。
その防止になれば。深入りすべきか、止めておくかの判断にも。
blue_6_620.png
icofoam 等、コンソ-ル窓で使う場合、設定はこちら(前々回)
計算時、一時的に生成する (MaproMesh終了で消去)
C:\maprotemp\mapro_bas.bat にも記述されています。
blue_7_620.png
簡単操作でOpenfoam概要理解。WinPCにて、深入せず可能。
posted by CAEを簡単に! at 10:54| Comment(0) | Open-Foam | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする