2014年05月24日

節点コピー 入力10-11番目の説明

節点をコピーして、多層的に積上げる=よくある定番
以下のような処理は定番的によくあります
・N1〜N2をコピー元とし、×回コピー コピー先はC1〜C2
・C1〜C2をコピー元とし、△回コピー コピー先はD1〜D2
・D1〜D2をコピー元とし、◎回コピー コピー先はF1〜F2

コピー先のC1〜C2等は、今まで、別途求めていたのですが
コピー時に、自動設定されると、便利で
昨年作製した機能ですが紹介しておきます
copy_10_11.gif

実施例の図です( メイン画面右上 入力情報で確認 )
本機能は予想より便利で、多用中です 
以前は 上例2)みたいに、別途求めてましたが
node_copy_10_11A.gif

節点コピー,nmesh+1,add,n1,n5,1,m,m,haba+zk,,n1b,n5b
★ n1〜n5を (m,m,haba+zk) にてコピー

10番目や11番目の確認は 以下の行クリックで行います
 node_copy_10_11C.gif
使用上問題なしですが、あまり、格好良くないような…

ところで n1〜n5のZ座標がZKの時 以下は同じになります
節点コピー,nmesh+1,add,n1,n5,1,m,m,haba+zk,,n1b,n5b
節点コピー,nmesh+1,add,n1,n5,,m,m,haba+zzn(n1),,n1b,n5b
節点コピー,nmesh+1,add,n1,n5,1,k,k,haba,,n1b,n5b
節点コピー,nmesh+1,add,n1,n5,1,0,0,haba/nmesh,,n1b,n5b

最後は、コピー毎の座標増分値を、割算で求めており
nmesh=3等での桁落ち注意 

下記3行による処理も同じ
A=zzn(n1) (A=nodez,n1 でも同じ)
節点選択,n,n,n1,n5
節点コピー,nmesh+1,add,sall,,,m,m,haba+A,,n1b,n5b
posted by CAEを簡単に! at 14:26| Comment(0) | 節点コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする