2014年11月20日

接触幅可変 簡単な例題を追加しました

接触部や境界ラインの、微細な幅の管理&設定が必要
そんな事はよくあります  段差や隙間の影響を知りたい
接触幅の変動による性能変化を知りたい
 評価したい寸法が、
全体の代表長さ比で随分小さい
 よくある事ですが、
直線基調なら四角系統向き スクリプトですと割合に簡単です
entou_demo_1.gif
n1〜n2〜n3〜n4で下の円弧 n4〜n5で上の円弧を作成します
n2〜n3は細い接触箇所です 。(右上「入力情報」で確認可:下図)
n1〜n4 n4〜n5 同一分割数に設定しています
entou_sesshoku_1.gif
三角系統自動メッシュですと、かなり難議して、また、境界付近
鋭敏な物理量分布の、肝心箇所の評価が、メッシュが乱れ
怪しくなりがち。四辺形シェルならば、それもなく簡単。 
実は世間に思われているほど、自動メッシュは有用でない?

面積計算も可能。 下記で、Sは、一番上の図の赤部面積です
要素選択,n,real,10 例題赤部=属性10
変数,S,menseki,1,sall 1は面番号でソリッドで利用
六面体なら1は底面。今回はシェル要素故未使用です

平面に接触として、接触相手を作製するイメージ絵は、下記です
時間かけ、節点生成計画を練る事が大事。とはいえ、頭も回らず
パタン暗記が一番。速くやって工数増が多く、時間かけゆっくり
遅くが早道
 回転接触・貫通構造モデル化は、定番ワンパターン
下記手順でモデル化 ⇒ 最強解品質に…。接触要素を使わず
剛性下げたソリッドで、現実的解が得られたりします。
下図では、K1が、N3より大きるなる事が必須。そこは注意。
dame8_cae_27.gif
コピーして、節点群を作製すれば、接触相手側と点座標が一致
接触モデルが簡単に作成できます。 CAEは、接合や接触側と
相互作用を見る事が多く、相手側と座標一致なら、支配式を
解く上で有利。座標一致がない場合、内挿や外挿計算と組合せ
精度悪化。そんな本質に注意 CAEは、直交方向の差の計算
境界で差の計算が良好にできるモデル=◎ 逆は△や×

写像変換・近似処理では、内挿になるよう留意。それも重要。

上図は水平方向・奥行方向 2方向接触部がメッシュ一致
接合・接触評価に必要な事ですが、従来手法は困難化します
回転接触は、上図手法と、テトラ要素での解は落差大 注意です

接合部・接触部等を、高精度に解く解析モデル構築は難しく
本手法より、良好なアセンブリモデルは、まだ見た事なし。
結果に疑義生じそうなものは散見&困った話も聞きます
境界部は、物理量分布が鋭敏ですが、テトラ要素は、接触に対し
適合悪く、下図モデルを細かくしても、精度向上策にならず注意。
diving_board.gif
直交向の 差・差の差が良好に計算できる解析モデルが◎ 三角は
直角に対し鋭角。∂x∂y∂z、合成が予測っぽく&ブレ易く、また、
幾何においては、帯や薄い層が形成難。色々苦しく、シビアさは
大規模構造で顕著。コピー多用したモデリング術で随分解消です。
コピー多用は、形状可変・解品質・作り良さ 得な事が多いです


円弧・直線基調は、四角=節点コピー 円・扇・三角=Rカバ-でOK
プレスや射出の成型品や鋳物鋳造品等は、良い手段がない状況
posted by CAEを簡単に! at 14:50| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする