2013年06月14日

パラメトリック化 

= を == に変更しますと 可変パラメータとなります
スクリプトを修正・加筆します  赤線部 青線部 
全部で7行 記述するとOKです ⇒ 保存

円筒系
th==90
nmesh==20
パラメータ変更,"角度  メッシュ数",th,,nmesh,,,,,,,
n1=nodemax+1        
n2=n1+nmesh
節点,n1,10,0,0,n2,10,th,0

map_kidou_8_kakudo.gif

保存して 実行すると 下記のように 角度やメッシュ数が可変になります
メイン画面にて 数値設定 ⇒ 仮作成 または 形状作成 ボタンを押す
map_kidou_8_kakudo_4.gif

点の羅列的な分布であって、メッシュとは言えませんが
下図 右下 赤い箇所を押すと円筒座標を確認する事ができます
map_kidou_9_entou_600.gif
posted by CAEを簡単に! at 21:18| Comment(0) | パラメトリック化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: