2013年06月18日

メッシュ数 と 三角の作成

Rカバーは 円・半円・扇・三角・四角(苦しいですが)など作成可能
下図 緑で示した分割数は Rカバー分割数で設定します (HELP参照)
選択節点群=外周輪郭となり、それに合う分割が割当てられます
中心=(指定中の)円筒座標の中心に一致
map_kidou_10_rcov4.gif
上図で 赤・黄色の部分=等間隔となります
上図は編集画面 上図のドット表示機能=ないので注意です

下図は三角の作成例です
円や扇と同じ要領で、直線節点群から作成、かなり楽&簡単です
map_kidou_11_rcov1.gif

三角の辺の長さを変えた例
map_kidou_11_rcov2.gif
三角補強板など 分野によりかなり頻繁に使われるようですが、
・1直線(節点群)+円筒中心(鋭角鈍角の三角に対し やや粗悪)
・2直線(節点群)+円筒中心(鋭角鈍角の三角に対しタフ)
今回前者で作成  後者は短い2辺が輪郭
長辺(底辺)の中点を円筒座標の中心とします
posted by CAEを簡単に! at 19:59| Comment(0) | 扇・三角・半円・円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: