2013年08月21日

ソリッドの構築方法を その前に… FrontISTR入力ファイル可視機能を作成

補強板がついた シェルモデル構築を紹介して来まして… 次に
ソリッドモデル構築法を紹介するか ファイル出力方法にすべきか
悩んでました 
ソリッドモデル構築の紹介にしようかと思っていますが、

実は、スクリプトは、ソリッド=不得意
シェルよりうんと手間かかり、スクリプトも長くなります、
手間かければ、必ず出来るので、
 堅実・高品質メッシュ・パラメトリック・アセンブリに強い
スクリプトの長所は、ソリッドモデルでも全く損なわれません

用途次第では、シェルより向いてるいかも知れません。 が、
点⇒線⇒面⇒ソリッド ですから 面で終わるシェルに比べ
スクリプトが長くなり ブログでの紹介に不向きかも
front_1.gif

FrontISTRの入力ファイル形式に対応しました FEMは
要素タイプが多彩で、その可視は何かと厄介
万全でない可能性も高く、不具合見つけた方は、
info-xアットマークnetukaiseki.co.jp 連絡頂けるとあり難いです
下図は FrontISTR 要素数1千万弱のサンプル Drill.Msh
FrontISTRは、シェル要素の可視も対応しております
GPL系ですと Calculix も 対応しております

front_2.gif

最新デモ版 Demo_**_Install_13_8_22 スクリプトを一部
PC枕木等に変更しました スクリプトは埋込みなどに強いです 
PCMac_1.gif
自動メッシュですと、アセンブリモデル計算は、失敗すると打撃大
ですが、スクリプトなら、その心配はあまりありません 
寸法・メッシュ数は可変ですので、かなり気楽です     また
メッシュの直交度が高い=解品質&収束性良好=失敗率は低いです
posted by CAEを簡単に! at 20:15| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: