2014年02月16日

実は 穴あき状態で作製 ⇒ 後からスロット部を埋めると簡単と発覚!

スロット部分は、周囲が鉄などの磁性体
スロット部分は、銅線が埋まるようですが そこは、
穴あきで一旦作製 後に Rカバー一発で埋めてしまう(図の青)
それが簡単&綺麗&速いようです
spm_5.gif
扇と四角域を並べる苦労もなく、スクリプトが随分短くなりました
*14_2_17 以降のインストーラで変更


実は、(先日2014年02月10日の下図A-C-B) 折曲がり部は
節点選択,N,NLINE,A節点番号,C節点番号
節点選択,A,NLINE,B節点番号,C節点番号  にて節点群選択
⇒ コピーしてA-C-Bに隣接の領域作製 てな説明しようか? 
考えてましたが、
扇とかで、細かく区分けせず、外周輪郭を使って
Rカバーで埋めておけば○っぽいです   下図は、
輪郭から、一発で作成したモデル  前回より綺麗です
rcov_mis_2.gif
上図赤線(点でない図) 田の字から外に向う分割数は
Rカバー分割数で指定します

円弧中心や 円弧-直線の接線を求めたり難儀な点は、一緒ですが
接線座標を出す機能等、今回使っていますが…なかなか…
http://blog.mapromesh.net/archives/20140205-1.html
posted by CAEを簡単に! at 18:43| Comment(0) | 扇・三角・半円・円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: