2015年03月02日

拡張されたマトリクスソルバーで大規模計算できる Calculix最新版に対応しました 

Calculix入手先はこちら。http://www.bconverged.com
ProgramFilesインストで自動設定で利用可。インスト時
ワークエリアを聞いてきますが、C:maprotempとします。
(必須的な設定ではありません)
working_Diretory.gif
近日でbConverged から出る思いますが プチ休眠中にも見え心配
Calculix最新2.8は、Spooles呼ばれるマトリクスソルバーが
大規模用に拡張されており、期待持てます
cal_set_2.gif
メイン画面 設定/スクリプト登録⇒ソルバー設定 上記が出ます
上記赤マーク=利用CPUコア数。計算プロセスの一部のみ適応
大半1コア処理で、効果薄く残念。  まぁ、
Win64用Calculix新版は、大規模対応がポイントで…
cal_set_3.gif
ポストデータにおいて、読飛ばす行数が増える等、データ構成に
変化あり対応しました。拡張されたSpooles適応 2.8WIN64版
入手希望の方は、info-xアットマークnetukaisekiコジャパン 
所属等お知らせの上、連絡願います。Calculixは
bConverged Win32利用で設定ミスあり 4/8以降は修正済

Win7&大規模で機種次第で不安定 Win8と10は安定
不具合は、特定のチップセット&Win7 にて発生

そう報告していた件ですが 
その後メモリ-エラ-発覚 交換でWin7で良好エラーなしです

大規模問題を解く場合、ECC機能付きのPCが○なようで。
posted by CAEを簡単に! at 09:56| Comment(0) | Calculix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: