2015年09月22日

力学問題を解く時、単位について、_寸法の場合

単位は苦手な人が多い思います。自重の考慮や固有値計算は、
重力や密度設定必須で厄介。寸法mm入力の時、ヤング率等
SI単位でなく、工学単位 Kgf/mm^2 か N/mm^2 か MPa を使う

ならば、失敗しにくい筈。SI単位への換算は、
N/m^2=N/mm^2×10E6=MPa を利用。 MPa利用が簡単。
圧力は、kgf/mm^2 または N/mm^2 
トルクは、kgf・mm 又は N・mm 全部_とします。
密度は、_立法質量(kgfやN)/重力加速度(9810mm/sec^2)

_とsですから、密度は小さい値になります。 
寸法_ 荷重重量は、c でなく kg や N で◎ 
_だと荷重応力は`でなくcにせねば… 考えがちですが不要 

b寸法なら、SIでOK。_寸法の構造解析でSI利用⇒超難解に…
SIはb単位で、何かと数値が巨大化し Mpa Gpa等メガギガ必須
それも混乱の元で、工学単位がお勧めです

SIはb基準。ヤング率圧力等をSI設定。同時に_で寸法設定。
ですと混乱。『mm寸法なら、全部mmで揃える』が、簡単

以下、Calculixで_寸法の時の、Y軸向き自重考慮例

Poaso=0.30
grav=9810.0 mm/sec^2

●寸法mm設定、ヤング率がKgf/mm^2の例
Young=21000 kgf/mm^2
Denst=7.653E-10 kgf・sec^2/mm^4 (密度/重力加速度)

kgf/mm^3÷9810で上記密度は、トン/mm^3÷9.81
●N/mm^2(MPa)なら、ヤング率と比重を9.8倍する
Young=200000 N/mm^2 (Mpaに同じ)
Denst=7.5E-9 N・sec^2/mm^4 (密度/重力加速度)

kgf/mm^3×9.81÷9810で上記密度は、トン/mm^3

出力,"*ELASTIC"
出力,Young+","+Poaso
出力,"*DENSITY"
出力,Denst
出力,"*DLOAD" 出力,"E_ALL,GRAV,"+grav+",0,-1,0

上行、E_ALL は要素セットで設定済のこと。
posted by CAEを簡単に! at 23:30| Comment(0) | 単位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: