2016年01月04日

簡単な例題にキー付シャフトを追加しました

扇・半円で、円弧と直線部、分割数合わせは難儀で、簡単化のため
機能追加。Rカバー分割数 入力E番目で設定します。下図の両端
半円紫領域は、E分割数とする、正方形の変形となります
直線(茶色)部は等間隔にて形成 図は、不等間隔で不適切
RCover_H2.gif
薄い半円は、Eは2か3程度で○。左下緑はEが2。上例Eは上限4
ki-mizo-1.GIF
上例は、円弧-オレンジ 直線-ピンク 双方5点 円弧と直線
双方6分割。オレンジ円弧を元に、半円域作成 直線部は等間隔。
円弧部は予め作成(不等間隔でも、円弧でなくても、何でも可)
青い四角域は、円弧と同じ分割数で作成すれば、整合が取れます
kei_1a.gif
領域別々に作成⇒最後節点マ-ジ 整合ミスは絵で確認(最初だけ)
posted by CAEを簡単に! at 09:43| Comment(0) | 扇・三角・半円・円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: