2017年06月20日

パイプとパイプの貫通は、少しテクニックが必要

太いパイプに細いパイプが貫通みたいな構造はよくあります。
平面にパイプが刺さったモデルを作成して、アレンジいう
セコイ手段で作成します
平面を作る⇒節点コピーを使い平面を曲げる、
ImageOfmakingCurvedMesh.png
節点コピー,2(コピ-数+1),0(コピ-元に対する生成節点の増分値)
で、節点のY座標を移動します。(コピー生成はしない)
節点選択,n,y,yy (青い面がy=yyにある場合)
節点コピー,2,0,sall,,,m,(R1^2-xsel^2)^0.5,m
又は 下図の節点割振の場合、
節点コピー,2,0,n1a,n3b,1,m,(R1^2-xsel^2)^0.5,m
でも○。
外の輪郭線 n1a-n2a 貫通部の線 n1b-n3b を移動させる。
節点コピー,2,0,n1a,n2a,1,m,0,m
節点コピー,2,0,n1b,n3b,1,m,(R1^2-xsel^2)^0.5,m
 も○
最後の案は、曲面は未完成です。他の案も、座標移動のみでは、
n1a-n2a 付近が粗悪な、変な曲面が出来てしまいます。
外の輪郭と貫通部、対応節点を円筒系で補間⇒曲面完成です。
円筒系,0,0,0,
節点補間,n2a,n3a,
節点補間,n1a,n1b,nw1-1,,,,n3a-n1a+1,1

Gif_Shell_Anime.gif
上図は、小径パイプが1/4円のイメージ図です。
posted by CAEを簡単に! at 08:47| Comment(0) | 節点の移動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: