2018年12月25日

HELP⇒簡単な例題に シュワルツの提灯(行燈 行灯)を追加しました

筒をモデル化した時、筒長手に、
面が真っ直ぐにならず、表面に凹凸が付く
シュワルツの提灯(Schwarz lantern 行燈 行灯)
と呼ばれる現象があります。
シュワルツの提灯.png
Finite element method にて
Schwarz's lantern =意外に知られてない落し穴な可能性。

シュワルツの提灯-2.png
三角系統要素による曲面分割で、必ず起こる現象のようです。
「三角は硬い」言われます。現物と違う形に仕上がる罠に注意。
表面傾斜が、現物と異なると、特に接触で致命的思います。
シュワルツの提灯-4.png
面にて、周方向と、それに直交する長手方向でメッシュを切る
それが理想でしょうか?。
【関連する記事】
posted by CAEを簡単に! at 10:31| Comment(0) | 幾何偏微分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: