2021年07月24日

Xでの偏微分は、Yを定数とみなし実施。Yが定数とみなせる位置に、点が存在する必要性あり。

Xでの偏微分は、Yを定数として実施。
点群用い偏微分する時も同様。
Yを定数として勾配計算。
点群位置は、
Yが定数とみなせる位置に存在する=偏微分可能
Yが定数とみなせる位置に存在せず=偏微分不可
FEM-Rule-3.png


posted by CAEを簡単に! at 22:30| Comment(0) | 幾何偏微分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。