2013年07月09日

リブ位置に合わせ 節点を移動  (選択⇒コピーでの移動)

作成したいモデルは、L形状の直角部分に、辺長(Xnaga,Ynaga)
三角補強つき解析モデルです

L形状のメッシュ節点を利用⇒補強板が意図した寸法にならない
無理に意図した寸法の補強板を作る⇒Lの板と補強板が境界不一致


三角補強が、くっつくよう 点を(Xnaga,Ynaga)に移動させます
節点移動は、下記があります
1)移動させたい点を選択 ⇒節点コピーで移動
2)移動させたい点を選択して一発で移動


今回 1)で行います スクリプトは下記 赤線加筆部分です
node_idou_2.gif

上のスクリプトで X座標がXnagaに近い点を、選択したところ 
node_idou_1.gif

該当節点が、選択されたか? 選択表示パネルで確認します
node_idou_3.gif

表示項目⇒節点・要素情報にて 選択点の確認も可能です 
Xnaga=50ですが、X座標が52.00の点が選択されています
node_idou_4.gif

選択点の、移動方法を書いて置きますと…
節点コピー,2,0,sall,,,Xnaga,m,m,

実は、今回の方法は、あまり使いませんで… 専ら…
近い点の抽出&移動=同時実施 (2)が主  次に紹介します
全般に、今回示すような、セコイ技ばかり  良い計算には不可欠?
posted by CAEを簡単に! at 22:18| Comment(0) | 節点の移動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

節点の移動方法2つ 座標による要素選択&確認

赤枠のスクリプト 青枠のスクリプト 双方移動を実施させ
同じ結果を得ます   上図 赤枠内は 節点選択を用いた節点移動
node_idou_5r.gif

双方「節点選択」が使われ 『違いが???』なんて言われそう
上:移動対象点を選択⇒その後コピー移動 
下:移動対象点選択時(同時)移動 下図 青枠内は 変数設定を用いた節点移動
node_idou_6r.gif
上記 n2,n4 は、選択抽出点の節点番号です  今回
(移動対象)選択点は複数   複数点のどれが  
n2,n4 該当するかは??です 

Xnaga Ynaga の場所 に点(ライン)があるか 確認したところ
node_idou_7r.gif

節点・要素 選択抽出パネルで確認できます
node_idou_8r.gif
モデルや選択部の確認は、主としてスクリプト作成時に行う作業 
境界条件などの確認で必須で、MaProMeshは色々可能です
node_idou_9r.gif
CAEでは何かと、選択・抽出が不可欠
それら確認機能も色々と必須です 特に大規模ほど…
posted by CAEを簡単に! at 10:45| Comment(0) | 節点の移動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする