2014年01月12日

大規模が扱えるよう デモ版を拡張しました

迫力を増すため、デモ版で扱える節点・要素 上限を30万まで
拡大させました
v6_eng_demo_1.gif
NASTRAN等の出力上限 パラメータ数上限等は変わりなしです
posted by CAEを簡単に! at 22:49| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

デモのスクリプトに SPMモータを…

デモ版を少し改定しました   モータ開発用途の解析ソフトは
割とあります。 メッシュは全般に、四面体テトラっぽいです 
構造・流体ほどのメッシュ品質は、磁場解析では要求されませんが
渦電流評価・隙間適応 共に強いのは六面体要素です 
支配式は偏微分(XYZ直角方向の勾配) 非線形は差の差
面積体積の計算同様に細かいとOK そうは行きません
下図は、ある会社さんのデモ解析モデルを、作り直したもの
守秘情報でないようで この手は気を遣いますが… 突貫作製
改良余地ありあり メッシュはアレ気味 最新のはマシです
spm_4.gif 
点→線→面→立体
節点コピーは 下記を同時に行なう、よく使う命令です 
1)節点番号を増分させる
2)座標を増分させる
spm_3.gif
座標指定 節点 節点コピー 組合せで 
直線・円弧主体の構造物は何でもOKです

要素は、(節点作製後)要素・要素コピー(命令2つのみ)
にて作製  節点と要素は別々に作製です。例外は『Rカバー』 
選択節点群と円弧中心を結ぶ扇型を、節点&要素同時作製です
三角 扇はRカバー それ以外は 節点 節点コピー で作製

空間メッシュは不得意です   例えば、磁場で、
磁石形状・寸法・配置等 異なる2枚の円盤が、対面配置
そんな場合の空間メッシュは、かなり対応難です

固体部分は、直線&円弧なら 構造物メッシュは、
メッシュ化・領域区分け・条件設定・可変化 全て可能
大規模&複雑&アセンブリ格子 に対し良質メッシュ構築可能 
その堅実性・安心感は大きい思います
本手法でこそ構築可能 そんな(良質)メッシュも結構あります
posted by CAEを簡単に! at 11:40| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

円柱のデモを改定しました

今迄の作製プロセスは、扇(半円)作製 ⇒ 円作製 ⇒ 円柱作製
以前は、円の一発作成機能がなく、そうなった面もあります
今回、見易くするため 円作製 ⇒ 円柱作製 に変更しました
enchuu_demo_1.gif
円筒系,0,0,0,
節点,1,Dia/2,0,0,NRH+1,m,360
節点1〜NRH+1 の輪が完成
m⇒Dia/2に変更でも○ 節点,1,Dia/2,0,0,NRH+1,Dia/2,360
節点1と節点NRH+1は、同一座標に重複存在です。円作製命令
『Rカバー』 は、選択点群を輪郭とする、円や扇を作成 
(選択点群に、重複点があってはならないルールあり)
なので、
節点1〜NRHを輪郭とする円(シェル要素)を作成⇒円柱作製 
にて完成。平面円⇒円柱化は、シェル要素のソリッド化機能
(要素コピー,shellsolid…)を使います。

円作製命令 『Rカバー』は、扇・三角 色々作成できて有用です
http://blog.mapromesh.net/category/20349872-1.html
扇や三角と四角を継ぎ接ぎして、複雑な形を作製可能
熱機器・電子デバイス等の埋込構造も、『Rカバー』は得意です
posted by CAEを簡単に! at 14:49| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする