2016年02月10日

Version2.8以降のCalculixで、所要計算時間を比較してみました

Linux版最新は、Ver.2.9。Calculix11さんが、Ver.2.9Win版作製
節点38万-六面体ソリッド要素-構造静解析 入手したWin版で計算
step_Be_Raf_bench2.gif
現在bConvergedCalculixは、コンパイラ最適化オプション外して
作製らしく、計算速度は低速。(上記最上段青色)

CALCULIXは、規模・PC環境に応じ、各種行列式解法を選択可。
固有値計算のみ、規模等に関わらず、解法はSPOOLESに限定
SPOOLESは秀逸な行列式ソルバ-。大規模は、昨年対応完ですが…
Step_bC_Raf_Cal11_bench2.gif
最新で、唯一×が bConverged。昨今テンション下がり気味?
Calculix11さんは、16/2/9修正以降○ 上図下段の×は修正前
step_Be_Raf_bench5.gif
下記はCalculix11さん。胡散臭く怪しげ風(人の事は言えませんが)
http://calculixforwin.blogspot.jp/2015/05/calculix-launcher.html
CalculixLauncher2_win.zip(94.79MB)
ccx64フォルダは16MBですが
posted by CAEを簡単に! at 17:46| Comment(0) | Calculix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

簡単な例題にキー付シャフトを追加しました

扇・半円で、円弧と直線部、分割数合わせは難儀で、簡単化のため
機能追加。Rカバー分割数 入力E番目で設定します。下図の両端
半円紫領域は、E分割数とする、正方形の変形となります
直線(茶色)部は等間隔にて形成 図は、不等間隔で不適切
RCover_H2.gif
薄い半円は、Eは2か3程度で○。左下緑はEが2。上例Eは上限4
ki-mizo-1.GIF
上例は、円弧-オレンジ 直線-ピンク 双方5点 円弧と直線
双方6分割。オレンジ円弧を元に、半円域作成 直線部は等間隔。
円弧部は予め作成(不等間隔でも、円弧でなくても、何でも可)
青い四角域は、円弧と同じ分割数で作成すれば、整合が取れます
kei_1a.gif
領域別々に作成⇒最後節点マ-ジ 整合ミスは絵で確認(最初だけ)
posted by CAEを簡単に! at 09:43| Comment(0) | 扇・三角・半円・円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

力学問題を解く時、単位について、_寸法の場合

単位は苦手な人が多い思います。自重の考慮や固有値計算は、
重力や密度設定必須で厄介。寸法mm入力の時、ヤング率等
SI単位でなく、工学単位 Kgf/mm^2 か N/mm^2 か MPa を使う

ならば、失敗しにくい筈。SI単位への換算は、
N/m^2=N/mm^2×10E6=MPa を利用。 MPa利用が簡単。
圧力は、kgf/mm^2 または N/mm^2 
トルクは、kgf・mm 又は N・mm 全部_とします。
密度は、_立法質量(kgfやN)/重力加速度(9810mm/sec^2)

_とsですから、密度は小さい値になります。 
寸法_ 荷重重量は、c でなく kg や N で◎ 
_だと荷重応力は`でなくcにせねば… 考えがちですが不要 

b寸法なら、SIでOK。_寸法の構造解析でSI利用⇒超難解に…
SIはb単位で、何かと数値が巨大化し Mpa Gpa等メガギガ必須
それも混乱の元で、工学単位がお勧めです

SIはb基準。ヤング率圧力等をSI設定。同時に_で寸法設定。
ですと混乱。『mm寸法なら、全部mmで揃える』が、簡単

以下、Calculixで_寸法の時の、Y軸向き自重考慮例

Poaso=0.30
grav=9810.0 mm/sec^2

●寸法mm設定、ヤング率がKgf/mm^2の例
Young=21000 kgf/mm^2
Denst=7.653E-10 kgf・sec^2/mm^4 (密度/重力加速度)

kgf/mm^3÷9810で上記密度は、トン/mm^3÷9.81
●N/mm^2(MPa)なら、ヤング率と比重を9.8倍する
Young=200000 N/mm^2 (Mpaに同じ)
Denst=7.5E-9 N・sec^2/mm^4 (密度/重力加速度)

kgf/mm^3×9.81÷9810で上記密度は、トン/mm^3

出力,"*ELASTIC"
出力,Young+","+Poaso
出力,"*DENSITY"
出力,Denst
出力,"*DLOAD" 出力,"E_ALL,GRAV,"+grav+",0,-1,0

上行、E_ALL は要素セットで設定済のこと。
posted by CAEを簡単に! at 23:30| Comment(0) | 単位 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする