2015年05月03日

デモスクリプトを少し改定しました

見栄え良くするためスクリプト改定。コツコツ作製。Rと直線で
形成されたものは大抵堅実に作製可能。不等間隔な事もあり
水色の輪は以下で作製。輪の外周選択⇒配列に選択点θ(Y)を取込
⇒配列使い節点コピー
 外周を等間隔でモデル化させ、配列を
使わない手もあります。 不等間隔で、配列を使わない手段は、
可能ですが、随分面倒になります… 
赤部=(要素セット)パッキン(Pakkin) 
テトラは、薄い層や、寸法差異大きい部位の隣接は苦しく注意
kaitei_5_4_2.gif
電子部品で時々ありますが、薄板で裏表図柄違い。
そんなモデルは苦手。機械でもありますが、板の表に部品A
同じ箇所の、裏側に部品B接合。そのABは形が全然違う
とか苦手。 全く駄目いう訳でもなく、三角柱使えば、
スクリプトで、簡単に対応できる事もありますが。
一次三角柱⇒6点で3方向成分算出 お勧めではないですが…

磁場や流体の空間メッシュは、ややこしいのは苦手。
簡単なのは逆に得意。構造・磁場に多い、結合・埋込みは得意。 
構造計算の、アセンブリ大規模モデルは、スクリプトは得意です。
kaitei_5_3_2.gif
軸・輪・外周 バラバラに作成⇒節点マージ。スクリプト最後は
節点選択,all
節点マージ,0.05(重複判別距離) 
定番パターン。境界部の、
メッシュ不一致は×。最初だけ、右上メッシュ境界で確認します

アセンブリは、簡単なモデルでも、部品数多く厄介。解析モデルは
領域をメッシュで埋める方法より、コピーで作製する方法が、
安定&堅実。境界部モデル化に有利です

狙ったメッシュ(パターン)で作れるのは 長所であり短所です
短所:狙いたるメッシュパターンを決める必要性
長所:狙通り作製可能で確実 継接ぎ・多層・積層・段差・貫通
同一パタン繰返し・寸法差大きい接合・長さ個数粗密の可変
条件設定追従等に対応可
 狙いたるメッシュは、
四角い領域=節点コピー 三角や扇=Rカバー  にて作成。
良いパターンは、簡単に思い付きませんが暗記みたいなもので
本手法でないと困難な事も多いです。CAEは、製造業に加え、
建築・運輸・エネルギ-・医療の三次産業。食品等の一次産業
産業全域が守備範囲。自動メッシュ一本槍ではカバーできない筈。
posted by CAEを簡単に! at 02:03| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

拡張されたマトリクスソルバーで大規模計算できる Calculix最新版に対応しました 

Calculix入手先はこちら。http://www.bconverged.com
ProgramFilesインストで自動設定で利用可。インスト時
ワークエリアを聞いてきますが、C:maprotempとします。
(必須的な設定ではありません)
working_Diretory.gif
近日でbConverged から出る思いますが プチ休眠中にも見え心配
Calculix最新2.8は、Spooles呼ばれるマトリクスソルバーが
大規模用に拡張されており、期待持てます
cal_set_2.gif
メイン画面 設定/スクリプト登録⇒ソルバー設定 上記が出ます
上記赤マーク=利用CPUコア数。計算プロセスの一部のみ適応
大半1コア処理で、効果薄く残念。  まぁ、
Win64用Calculix新版は、大規模対応がポイントで…
cal_set_3.gif
ポストデータにおいて、読飛ばす行数が増える等、データ構成に
変化あり対応しました。拡張されたSpooles適応 2.8WIN64版
入手希望の方は、info-xアットマークnetukaisekiコジャパン 
所属等お知らせの上、連絡願います。Calculixは
bConverged Win32利用で設定ミスあり 4/8以降は修正済

Win7&大規模で機種次第で不安定 Win8と10は安定
不具合は、特定のチップセット&Win7 にて発生

そう報告していた件ですが 
その後メモリ-エラ-発覚 交換でWin7で良好エラーなしです

大規模問題を解く場合、ECC機能付きのPCが○なようで。
posted by CAEを簡単に! at 09:56| Comment(0) | Calculix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

中央付近がメッシュ密 端が粗くなる 防止方法

輪を、同心円の線で形成いう、そのイメージでメッシュ化しますと
直交性は良好なものの、中心付近は、節点が集中して真っ黒。
中心から遠いとメッシュがスカスカ。そんなメッシュになりがち。
防止策のモデルを、サンプルに作ってみました。
wa_demo_1.gif
作成効率化のため、節点コピー改良を模索中で途中段階でして
デモモデルは、外側に輪を追加して外の外周も等間隔ですが
最新は下図3番目まで対応 円・扇の一発作成にしたいですが。 
wa_mesh_2.gif
大して融通効かないですが、それでも、本機能を作製して以降
随分利用しています。 回転物等を扱う場合、この種のセコイ技が
必須かも知れません。デモに追加しました。
entou_wa_3s.gif
計算で、回転接触の影響を見る時、接触部は、良いモデルが必須
中心から遠いとメッシュが粗くなる防止は、状況次第で必要です

円に関し、等間隔での外周形成は重要そう。具現化の手段を
充実化させたい気もします。 回転機器は、世の中に沢山ある
その割に、数値解析事例が少ない気もしますが… テトラ要素は、
表面・接触面 ガタつき易く、回転体は苦手そうで注意。
面の傾斜=傾き=偏微分 表面が滑らかでない=偏微分が×
そんな事でして、仕上 ▽▽ 位ならテトラ要素は駄目かないう…
表面硬そう=傾斜に関わる偏微分精度が悪い そこに帰着します
シェル三角は、曲げに弱い言われますが、引張りには良好に対応
サッカーやバスケットボールは三角パッチで滑らか。
加工か?ケガキ線か? 微細加工表現も、解析モデルに必須で
回転体は 貫通・段差・同一パターン繰返し 等伴い、
接触部は、精密性必須、四角を並べるスクリプト向き

メッシュ見て逃出す人がいますが、メッシュパターンは、暗記で、
そうでないと、良いパターンは、なかなか思いつきません。
また、使いこなしによる、この手の解析モデル構築は困難。
スクリプトによる)雛形・枠組構築なしでは無理ですので注意

アイソパラメトリック要素=ロッキング懸念いわれますが、その
説明は、厳しい拘束設定ばかり。それも昨今回避実装され、現実的
設定では起こらないのか、私はソフトを色々利用して未経験です。
豆腐・寒天・コンニャクっぽいイメージでの扱いが必須思いますが。

posted by CAEを簡単に! at 11:00| Comment(0) | 新機能・改定情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする